転居が決まったらする事|安い料金で引越しをするなら業者選びを徹底しよう
作業者

安い料金で引越しをするなら業者選びを徹底しよう

転居が決まったらする事

作業員

料金やプラン内容から選ぶ

転居することが決まったら、早めに引っ越し業者を決めることが大切です。引っ越しをする時期がいつまでと決まっている場合は、早めに予約をする必要があります。特に3月ぐらいは引っ越し業者の繁忙期です。予約を取りたくても取れないことがあります。引っ越し料金は業者ごとに違います。また、プラン内容、オプション内容、保証内容なども業者で異なります。「大手だから安心」という安易な理由で選ぶと、後悔するもとです。小さな業者だと保証がない場合もあります。また、小さな業者はスタッフが一人だけなので、大きな荷物を運ぶ時は手伝う必要があります。いずれにしても必ず3社以上相見積もりをして、料金やプラン内容を比較することが大切です。

やるべき手続き一覧

スムーズに引っ越しをするために、事前にすべきチェックリストを作っておくのがお勧めです。市役所関係では、転居に伴う手続きが必要です。具体的には、転居届、国民健康保険、国民年金、印鑑登録証明書、児童手当などがあります。また、各自で加盟している保険会社、クレジットカード会社、プロバイダ、携帯会社などへの住所変更の連絡も必要です。住所変更の手続きは、たいていネットだけで出来ます。公共料金の手続きも必要です。電気、水道、ガスの廃止手続きは引っ越しをする一週間以上前からするのがベストです。ガスの閉栓はガス会社社員の立ち合いが必要です。それぞれの会社に新住所を連絡しておけば、転居した日までの請求書を送ってもらえます。